素肌ケア

美容皮膚科クリニック勤務経験のある看護師伝授!年齢を問わず必要な小じわケア

更新日:

毎朝、毎晩、顔のお手入れをしていて、急に発見した小じわにギョッとした経験はありませんか?

 

まだ30代なのに、小じわなんて・・ショック!

もしかして、小じわは年齢に関係なく出来るものなの?

 

小じわが出来る原因や小じわ対策などについて、美容皮膚科クリニックで勤務していた時に学んだことをお伝えします。

小じわができやすい場所

小じわは目や口の周辺に発生しやすい

小じわはよく動く目や口の周辺に出来やすいです。

瞬きをしたり、話したり、食べたり、飲んだりと一日中動かすので、非常に乾燥しやすいことが小じわの原因です。

この辺りの皮膚は大変薄いし、皮脂腺が少ないので、肌表面が乾燥しやすく、ひび割れした状態が小じわとなって現れるのです。

 

小じわは乾燥しやすい場所に出来る

小じわは肌表面の水分が少なくなってしまったことによって起こりますので、目や口の周り以外でも、肌が乾燥していると小じわが出来てしまいます。

ですから、摩擦や紫外線などの刺激で肌表面の角質が傷ついてしまい、肌の水分が蒸発してしまう状態になってしまった時や、十分にお肌に潤いを与えるスキンケアが出来てなかったりする時も、小じわが出来ることがあります。

 

 

小じわに注意すべき年齢

30歳を過ぎたら本格的な小じわ対策

大体の方が30歳を超えると、小じわが心配になってくるようです。

これは肌の水分が蒸発しないように守っている表面の角質層にあるセラミドが、20歳を境に徐々に生成されなくなってきていることが影響しています。

 

お肌の潤い成分セラミドが減ってしまう

肌の一番表面にある角質層には細胞同士の間にセラミドが詰まっています。

セラミドは水分を蓄える働きがあり、それによって角質層は潤っている状態になっています。

けれども、セラミドが減ってしまうと、角質層が乾燥してしまい、細胞同士が離れてしまい、肌表面がひび割れ状態になり、これが小じわになってしまうのです。

 

若くても小じわができるケース

小じわは肌の乾燥によって出来てしまいます。

ですから、セラミドの生成が少なくなってくる年齢でなくても、肌を乾燥させてしまうと、小じわになることがあります。

例えば、紫外線対策をしないで日焼けをしてしまった時や、洗顔でこすり過ぎしてしまった時などは、角質がダメージを受けてしまい、肌が乾燥してしまいます。

 

紫外線を浴びると、肌に弾力を与えているコラーゲンが破壊され、肌にシワが出来やすくなります。

洗顔では目や口の周辺のメイクは落ちにくいので、ゴシゴシと強くこすってしまったり、毛穴汚れ落としのためのスクラブ洗顔などを頻繁に行ってしまったりしてしまう場合がありますから、十分に注意しましょう。

 

もし、小じわができてしまったら、肌に潤いを与える成分がたっぷりと含まれた化粧水・乳液・クリームで保湿をしましょう。

地割れのような肌表面が少しずつ治っていき、小じわが薄くなっていきます。

 

 

30歳から小じわ対策をスタート

30歳を過ぎると肌表面の角質層のセラミドが減ってしまうので、肌は乾燥しやすくなり、特に目や口の周辺は注意が必要です。

また、この辺りは目立ちやすく、小じわが出来ると年齢以上の老け顔になりやすいので、早めのケアが非常に重要です。

30歳より前でも小じわが出来ることがありますが、肌を乾燥させた原因を知り、保湿ケアをすれば、徐々に消えていくことが多いです。

小じわはまだ溝が浅い状態ですから、すぐにケアすれば薄くなることもありますが、ほっておくと、溝が深くなり、大きなシワになりかねません。

角質層を傷つけないように紫外線対策をしたり、正しく洗顔したり、十分に潤いを与えるスキンケアをしたりすることが小じわ対策になります。

-素肌ケア

Copyright© ホワイピュアは怖いは本当か3ヶ月使ってみた結果 , 2018 All Rights Reserved.