素肌ケア

日焼けでシミ・小じわが!日焼け止めクリームが使えない時はどうしたら?

更新日:

たっぷり海を満喫し、いい感じに日焼けできたかなと思っていたのにすごくガッカリ・・。

肌がシワシワになってしまい、小じわだらけで、とっても酷い状態。

 

日焼けすると、小じわが出来るなんて知らなかった!

 

ここでは、どうして日焼けで小じわが出来るのか、日焼け止めクリームが使えない時はどうしたらいいのかを美容皮膚科クリニックの元ナースが解説します。

 

シミ・そばかす・色素沈着に効果的な医薬品はこちら

>>ホワイピュアの詳細

日焼けによって出来る小じわ

日焼けで肌が光老化

たっぷりと日差しを当たってしまうと、紫外線をしっかりと浴びてしまいます。

紫外線は肌細胞に大きな影響を与え、肌を老化させてしまいます。

 

このことを「光老化」と言い、シミやたるみの原因になり、小じわ・大きなシワを作り出してしまいます。

 

肌が老化してしまうと、肌の新陳代謝が進みにくくなってしまうので、肌表面にはいつまでも古い角質が残り、古い角質は水分を維持するセラミドなどが減少しているので、乾燥肌になっていきます。

 

乾燥肌の表面はシワになりやすく、小じわや大きなシワが出来てしまうのです。

 

 

日差しに含まれる紫外線

3種類ある紫外線

紫外線は波長が違う3種類(A波・B波・C波)があります。

 

紫外線の95%は一番波長の長いA波で、日焼けした肌を黒くさせます。

残り5%はB波で、日焼けした肌を赤くし、段々と黒くさせていきます。

 

C波は強烈なエネルギーを持っていますが、大気中のオゾン層で吸収されてしまい、肌に影響を及ぼさないとされています。

 

小じわの原因は紫外線A波

A波は最も波長が長く、肌の深部に当たる真皮層まで届きます。

そして、真皮層のコラーゲンやエラスチンにダメージを与えてしまうのです。

コラーゲンやエラスチンは肌にハリや弾力を与える役割をしていたので、これらにダメージを与えられてしまうと、肌はしぼんでしまい、小じわが出来てしまいます。

 

 

小じわを作らない日焼けケア

日焼け後はしっかり冷やす

日差しを浴びた後、肌が赤くほてってきたら、日焼けした証拠。

このような状態を放置していると、どんどん肌のコラーゲンやエラスチンがダメージを受けてしまい、肌細胞の老化による乾燥が始まってしまいます。

 

赤くなった肌をそのままにしないで、すぐに冷水で湿らせたタオルなどで肌を冷やしましょう。

 

日焼け箇所に潤い補充

日焼けした肌のほてりが落ち着いてきたら、潤い成分が配合されたローションなどを少しずつ付けましょう。

ローションがしみて痛みがある時は時間をおいて、小まめに潤いを与えてください。

 

日焼け予防で小じわの原因を作らない

日焼け予防と言えば、UVカットが配合された日焼け止めクリームを塗るのが一般的です。

しかし、肌にべたつく使用感が嫌いとか、数時間に一度の塗り直しが面倒とかで、日焼け止めクリームを効果的に使用できていないことがあります。

 

それに、日焼け止めクリームに配合されている成分が肌の負担になってしまい、敏感肌の方などは肌に合わないから使えないということもあります。

 

日焼け止めクリームを使えない時の対処法は次の方法を試してみてください。

 

 

日焼け止めクリーム以外の日焼け予防

UV加工のサングラス

大きいサングラスですっぽりと目を覆えば、しっかりと紫外線を予防できます。

それに、眩しさを感じなければ、脳は肌にメラニン生成の指令を出さないので、シミ対策にもなります。

 

日傘や帽子

大き目の日傘やつばの広い帽子で、顔周りに日差しを当てないようにするのも効果的です。

暑い夏には涼しげなホワイトやベージュなどの淡いカラーのものを選びがちですが、ブラックやネイビーなどの濃いカラーのものの方が紫外線カットの効果があると言われています。

日焼け予防に購入の際には参考にしてください。

 

食べ物で日焼け予防

肌に紫外線が当たると、細胞を老化させるフリーラジカル(活性酸素)が発生し、これがシミやシワの原因になります。

しかし、食べ物の中には抗酸化作用があるものがあり、このフリーラジカルを無力化してくれるのです。

抗酸化作用のある食べ物は以下の通りですので、意識的に食べるように心がけましょう。

メモ

  • ビタミンA(β―カロテン)を多く含む南瓜・トマト・人参・ほうれん草など
  • ビタミンCを多く含むジャガイモ・パプリカ・レモン・苺など
  • ビタミンEを多く含む青魚・鰻・ナッツ・植物油など
  • ポリフェノールを多く含むブドウ・ブルーベリー・大豆・カカオ・緑茶・たまねぎ・ブロッコリー・セロリ・パセリ・ピーマンなど

 

 

日焼け予防が小じわ対策、日焼け後はスピーディな処置を

日差しを浴びないのが小じわ対策の一番ですが、日常生活ではそういうわけにはいかないですよね。

太陽が照り付けるような日に外出する際には、しっかりと日焼けクリームを塗ったり、サングラス・帽子・日傘などを使ったりして、日焼け予防を万全に行いましょう。

それでも、日焼けしてしまったら、すぐに肌を冷ますようにして、潤い成分たっぷりのスキンケアを施せば、小じわができにくくなります。

 

紫外線は夏だけでなく、春から強くなっていますので、早い時期から予防を心がけることをおすすめします。

-素肌ケア

Copyright© ホワイピュアは怖いは本当か3ヶ月使ってみた結果 , 2018 All Rights Reserved.