素肌ケア

どうして肌は紫外線が当たると日焼けするの?肌が日焼けするメカニズムについて

更新日:

うっかり外出したら、強烈な日差しでビックリ!

帰ってきたら日焼けしていて、大ショック!

ところで、どうして肌は日焼けするのでしょうか?

メラニンが出てきて肌を黒くするらしいけれど、詳しくは知らない・・

ここでは、美容皮膚科クリニックの元ナースが、肌が日焼けするメカニズムを解説します。

 

シミ・そばかす・色素沈着に効果的な医薬品を解説

>>ホワイピュアについて

肌を黒くするメラニン色素

メラニン色素とは

人間にはさまざまな肌の色、髪の色がありますが、これはメラニン色素に由来しています。

また、シミもメラニン色素が原因です。

メラニン色素はブラックやブラウン系のユーメラニン(黒色メラニン)と、レッドやイエロー系のフェオメラニン(肌色メラニン)があり、このメラニンの配合量によって、いろいろな肌の色や髪の色が作り出しています。

この配合量は遺伝性があり、小麦色の肌・色白い肌・金髪・茶髪など、人は生まれつき、さまざまな色を持っています。

この2つのメラニンは、肌の深部にある基底層に存在するメラノサイト(色素生成細胞)で作られます。

 

メラニン色素の役割

肌を黒くするメラニン色素は美肌を目指す私たちにとっては強敵のように見えますが、実は肌を守るために現れています。

肌は紫外線が当たると、細胞を作る皮膚の奥深くまでダメージを受けてしまいます。

そこで、表皮にメラニン色素を発生させて、肌細胞が損傷しないように肌を守ってくれているのです。

イメージとしては、日差しをカットするために、濃い色のカーテンを引いたり、日傘を差したりするような感じです。

メラニン色素は紫外線を吸収し、表皮細胞のDNAが損傷したり、DNAの変異による皮膚がんが発生したりするのを防御してくれます。

また、紫外線などの刺激によって発生するフリーラジカルを中和し、肌の老化を防いでくれます。

フリーラジカルとは「活性酸素」のことです。

 

活性酸素(フリーラジカル)とは

このフリーラジカルはちょうどいい量であれば、肌を刺激から守ってくれる良い働きをしてくれるのですが、過剰に働いてしまうと、肌細胞の老化させてしまいます。

活性酸素は、名前の通り活性化された酸素のことです。

刺激を酸化させることで、刺激を攻撃するのですが、量が多くなると肌を攻撃してしまうので、肌の老化の原因になってしまうのです。

活性酸素は紫外線の以外にも、ストレスや喫煙などの生活習慣でも発生します。

 

 

メラニン色素を生成するメラノサイト

紫外線などの刺激によって、肌の一番奥にある基底層のすぐ上にある有棘層にあるケラチノサイトを刺激されます。

そうすると、メラノサイト活性因子であるプラスミンが基底層のメラノサイトに刺激を受けたことを伝達します。

そのことにより、メラノサイトにあるチロシンがメラニン生成酵素であるチロシナーゼの作用によってメラニン色素に変わります。

生成されたメラニン色素はメラノソームという細胞小器官に貯蓄されます。

このメラノソーム内にメラニン色素が満タン状態になると、基底層から有棘層に移動し、肌にバリアを作ります。

このメラノソームのバリアが刺激を吸収し、肌細胞を守っているのです。

 

紫外線以外にも、洗顔で顔をこすってしまう摩擦などの刺激によってメラニン色素が生成されることもあります。

また、妊娠中などはホルモンの影響を受けて、メラニン色素が生成されやすくなります。

老人性色素班や肝斑もホルモンバランスによる色素沈着です。

 

 

必要以上にメラニン色素を増やさないのが美肌の近道

メラニン色素が発生する仕組みを説明してきました。

メラニン色素は肌を守る大事な役割を担っていましたが、過剰に増加してしまうと、シミやそばかすの原因になってしまいます。

そのためにはなるべく紫外線などの刺激を受けないようにして、メラニン色素が発生しないようにすることが大切です。

-素肌ケア

Copyright© ホワイピュアは怖いは本当か3ヶ月使ってみた結果 , 2018 All Rights Reserved.